2016年05月23日

英語学習と人生。過程を大事にすること


英語を学ぶ上で大事なことが

『英語学習は英語学習だけにとどまらない』

ということです。

留学エージェントにまとめて資料請求!【留学Style】


例えば、

留学を目標として頑張って勉強した。

社内での昇進のために一生懸命TOEICの勉強をした。

英語を話す外国人友達を作るために毎週末、バーに足を運んだ。

海外旅行でもうちょっと自由に行動できたり、現地の人と交流できるように週に3回、英会話レッスンを受けた。

などなど。


ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介
25分129円〜のマンツーマン英会話


それぞれの学習者にとって、それぞれのドラマがあります。

「英語を学ぶ」ということを行っているのですが、単にそれだけではないというのが本当のところです。


こういった目標を目指して頑張った。

そして、その成果が実って留学する事ができた。

また、そのタイミングでは結果は実現できなかった。


いずれにせよ、結果にこだわることはもちろん大事ですが、

同時に、その過程、その間の頑張り

そういった事を大事にする事も非常に大切です。



ではどうやって大事にする事ができるか?

1つはその時の考えや感情を書いておく事だと思います。

自分はどういった状態にあって、何を考えて頑張ったのか?

何が辛かったのか?

それに対してどういった心がけ、考え、行動を取ったのか?




そういった事を残しておけば、その後の人生において

すごくパワフルな材料となります。


ジョー・カルソーという作家がこう言っています。

"Cherish the chase as much as you treasure the trophy."

- Joe Caruso

つまり、

『トロフィを大事にするのと同じように、そこまでの過程を大事にしなさい』

ということです。


英語の学習は

英語の学習の為だけではありません。

英語学習の目標に向かって進む中でどう考え、どう行動したか。

そういった過程が非常に大事だということを

心に留めながら学習すると

その意味合いもちょっと代わり、

モチベーションにも良い影響が出るかもしれません。





posted by Minitsuku Eigo at 02:01| Comment(0) | 英語学習を邪魔するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。