2016年03月03日

興味こそが最高のエネルギー

英語を学習する時に大事なのが

自分の興味を知っておく、という事です。

なぜなら、興味こそが最高のエネルギーとなるからです。



英語は言語です。

言語はありとあらゆる事に使われます。


スポーツに使われたり、

ビジネスに使われたり、

ショッピングに使われたり、

映画に使われたり、

料理に使われたり、

TVゲームに使われたり、

音楽に使われたりしています。


だからその分、

英語を習得する方法に選択肢がある

という事です。


もしあなたの興味が料理なんだったら、

料理に関する英語を学び始めたらいい。

料理に関する英語の本なんて

山ほどありますし、

料理に関する海外のテレビ番組や映画も

数多くあります。


英語は幸い汎用性の高い「言語」というものなので

ほぼ全てのジャンルで使われているのです。


だから、あなたが最も興味のある事を見つけて

その分野で英語を勉強する事ができるのです。

マンツーマン英会話ではそれが可能です。
女子アナも体験 25分129円〜の英会話



英語を習得するには、

誰かからみたら「努力」という道を

歩まないといけないかもしれませんが

この道を「趣味」であったり、「楽しみ」

という道に変えるためには

自分の興味を使う事が必須です。


あなたが純粋に「楽しい」と思える

その感覚ほど、強力なエネルギーはないのです。


僕も、アメリカに留学中に興味の力を知りました。

1年間の留学で、僕と同じ時期にフランス人のマシューという

友達も同じ大学にやってきました。

彼も同じ1年間のプログラムでした。


僕らは仲が良かったので同じ授業を一つ取ろう

という事になり、「フィルム・スタディズ」を選びました。


彼は映画が好きだから、映画に興味があるから選んだ。

僕は、その単位が日本の大学でも単位になるから、選びました。

自分の興味とは関係なく、単位取得という実務的な理由からでした。


学期が始まり、僕は毎日ガリガリに勉強しました。

授業でやっている事全てを理解しようと

毎日教科書と授業の録音に集中しました。

しかし、その横でマシューは特に勉強に集中する事も無く

興味のあるテーマが出た時だけ、教科書を読む

というペースで勉強していました。


1学期の中間テストで僕は見事Aプラスを取り、

マシューはBでした。



日頃の努力が実ったと非常に嬉しい思いをしました。


しかし、時間が経つに連れて

僕は前半のような馬力が出せずになっていました。

結局、僕もマシューも1学期目をAマイナス

という成績で終えました。


そして2学期目が始まりました。

冬休みがあったお陰で集中力はかなり回復していましたが

それでも僕の馬力は長くは続きませんでした。

対してマシューは、興味から映画を勉強しているので

授業が複雑になるほど、どんどん吸収していったのです。


実際に映画の撮影現場に行って

実験をする時も、マシューは興味があったので

どんどん、何でもトライしていました。

カメラの向きを調整する係をしたり、

サウンドの点検をする係をしたり。


対照的に僕は興味も無く義務で来ていたので

「これくらいはしないといけないだろう」

という感じで動いていました。

また成績に悪影響させてはいけないと

非常に消極的に行動を取っていました。

撮影現場という楽しそうな状況ですが

僕はストレスの溜まる1日を体験しました。



そして、2学期目が終わり、

お互いの成績を見比べました。


僕はBでした。

マシューはAでした。




この授業が始まる前の

僕と彼の英語力や映画に関する知識は同じでしょう。

そして、始まってすぐの時は

僕が彼を大きくリードしていました。

しかし、義務でしていた僕の成績は徐々に下がり、

興味でしていた彼の成績は徐々に上がったのです。


この経験で僕は、興味のパワーを知りました。

興味こそが最高のエネルギーとなるのです。

これは英語学習においても言えると思います。

そして、幸い英語は汎用性のあるものです。

だから、僕はあなたに

自分の興味を明確にしてほしいのです。

そうすると、長期的な向上が

ストレス無しに実現します。


マンツーマン英会話ではそれが可能です。
女子アナも体験 25分129円〜の英会話



自分の興味って何だろう?

自分が苦もなくしてしまう事って何だろう?

ここから英語学習に関するヒントが必ず出て来るはずです。
posted by Minitsuku Eigo at 08:02| Comment(1) | オーダーメイド英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

失敗を歓迎する

英語を習得するために大事な事の一つに

失敗を歓迎する、という事が挙がると思います。


おそらく今、英語を上手に話せる人は

みな、多くの失敗をしてきた人でしょう。



でも、多くの失敗をしたから

英語がそれだけ上達した
、と言い換える事が

できると思います。


あのバスケットボールの伝説的なスター、

マイケル・ジョーダンも同じような事を言っています。



"I've failed over and over and over again

in my life and that is why I succeed."

- Michael Jordan


「私は人生で何度も何度も失敗を経験した。

だから、私は成功したのだ。」

- マイケル・ジョーダン



従って、これからは英語を使って失敗したら、

「それでOK」と思うようにしてください。

わかっています、そんな事簡単じゃないと。

でも、成長する為には失敗が必要なんです。


伝説のホームラン・バッター、

ベーブ・ルースは

ホームランの記録も多いですが、

それと同時に三振の記録も非常に多いのです。


彼は、三振したら、

それだけ次の打席、ホームランになる可能性が増えた

と考えていたそうです。


だから、あなたが勇気を出して英語を使ってみて

それで失敗したっていいんです。

それは単に、

自分が言いたかった事をそのタイミングで言えなかっただけ

その悔しさを持って、勉強して

次の機会には言えるようにしたらいいだけです。

でも、勇気を出さず、英語を喋らなければ

そんな感情さえ感じません。

勉強の度合いも変わらないでしょう。

早速、英語を使いたいという人は以下がオススメです。
女子アナも体験 25分129円〜の英会話



うまく喋れて嬉しい思いをする事、

これはもちろん大事です。


説明するまでもないでしょう。


それと同時に

うまく喋れなくて、しどろもどろになって

恥をかく、くやしい思いをする、

そういう事も非常に大事です。

それが勉強する燃料となるからです。


だから、失敗を歓迎して下さい。

失敗した方が、それで燃料がもらえて

勉強の質が更に高まります。

失敗を歓迎して下さい。

そうすると、学習を歓迎する事になり、

思っているよりもスムーズに

英語力の向上を迎える事ができます。



ちょっと勇気が要るかもしれません。

でも長期的な便益は絶大です。

早速、英語を使いたいという人は以下がオススメです。
女子アナも体験 25分129円〜の英会話



posted by Minitsuku Eigo at 07:35| Comment(0) | 英語学習を邪魔するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

実践経験を積む

英語を習得する上で大事なのが

英語は学習するだけではなく

練習する事も不可欠だという事です。

つまり、学習 + 練習 = 英語力向上

という公式を書く事ができます。


女子アナも体験 25分129円〜の英会話




私たちの多くが英語を学校で学び始めるので

「勉強」というように捉えがちですが、

英語力向上には、スポーツと同じように

実際に練習する事が必要不可欠です。




仮に、学習ばかりで、練習がないケース

を考えてみてください。


つまり、英語に関する知識はあるものの

会話ができないという状況です。

相手が話している事を

じーっくりと頭の中で整理しないと分からない。

また、自分が言いたい事も

じーっくりと考えないと出てこない。

会話というダイナミックなコミュニケーションにおいては

相手を待たせて悪いという気持ちから

余計に焦ってしまって、

言葉が出かかっているのに、出てこない

という現象が起きると思います。

「う〜、言葉が出かかっているのに出ないよー」

という声はこの

学習はあるが、練習がない

というケースに当たります。


また、練習はあるが、学習はないケースを考えてみましょう。

こういった人は会話はスラスラと出来るものの

文法や表現力における上限があまり上がらず、

定位置をキープしたまま長期間を過ごす事になります。

その他、どうしても感覚でやってる部分が多いので

慣れない地域の英語

(アメリカ英語に慣れている人は、例えばスコットランドの英語など)

に対応するのにかなり時間がかかったり、

非ネイティブの人と英語で会話するのに

苦労したりするでしょう。



従って、学習と練習を両立させる事

効率的に英語力を向上させる事に繋がります。

balance.jpg

学習に関してはある程度、一人でできるかもしれません。

しかし、練習に関しては「誰かと話す」という機会が必要です


スポーツと同じで

実際にフィールドで体を動かさない事には

うまくはなれない
のです。


だから、英語を向上させたかったら

実戦経験をたくさん積んで下さい

私たちは教育システムで学習する習慣は

かなり養われてきました。


あとは実戦経験、つまり練習する事です。

実践できる環境があれば、

どんどんどんどん英語を使ってください。

そして、そこでうまくいったり、いかなかったりして

嬉しい思いや、辛い思いをして

更に英語を勉強する燃料を得ていくのです。


実戦経験をどんどん積んでいきましょう!


オンライン英会話にご興味があるなら以下がオススメです。
女子アナも体験 25分129円〜の英会話



posted by Minitsuku Eigo at 06:16| Comment(2) | 英語学習を邪魔するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。